閉じる
  1. 経理でのストレス「パワハラ上司によって精神的に病んでしまった」
  2. 製造業でキャリア20年以上の面接官はあなたのどこを見ているのか?
  3. 大企業からベンチャー企業へ。転職で得た「楽しさ」と「希望」
閉じる
閉じる
  1. 大企業からベンチャー企業へ。転職で得た「楽しさ」と「希望」
  2. 人間関係でここまでストレスを抱えることになろうとは
  3. 新入社員時代お局にいびられ鬱に
  4. 金融・保険業に転職で給与アップ
  5. 激安合宿免許
  6. ライターのストレス
  7. 建設会社でのストレス「鬱になってしまい、退職を命じられた」
  8. ホテル会社でのストレス「部署移動になり退社」
  9. 土木会社のストレス「自宅待機と言われて退社」
  10. ドラックストアでのストレス「本当に自分は必要とされているのだろうか」
閉じる

転職❤ドコイコ

経理でのストレス「パワハラ上司によって精神的に病んでしまった」

20代後半の男性(O.Kさん)ストレス体験談

【トピックス】
1.単調なデスクワークが長時間続くストレス
2.社内では有名なハラスメント上司
3.精神的に病んでしまった
4.復職するべきか、休職するべきか
5.決めた転職

新入社員として、メーカーの総合職として入社して、栃木県にある工場の経理のポジションに配属されました。
大学では会計を専攻しており、日商簿記2級も保有しておりました。そのため、経理の仕事に配属されたのは、想定の範囲内でした。しかし、いざ業務が始まってみると、様々な場面で、理想と現実のギャップに苦しむこととなりました。最終的には、様々なストレスが重なって、休職することになってしましました。

まず第一に、単調なデスクワークが長時間続くことです。経理の業務は基本的に会計のシステムにしたがって、取引の内容を打ち込んで、金額を確定させて最終的に資料にすることが仕事です。私が入社した会社は、大企業であったためシステムが出来上がっており、マニュアル通り作業することしか、やることがありませんでした。明らかにシステムに問題があったとしても、システム変更は本社で統一規格のため、容易に変更ができません。一日8~9時間、決算で忙しいときは10時間以上にもわたって、パソコンの作業をすることになりました。もともと、人と話したりすることや、教えたりすることが好きな私にはかなりの苦痛となりました。

第二に、上司と性格的に合わなかったことです。私の担当上司は資料の作り方や作業のやり方へのこだわりが強く、違うやり方を認めないタイプの上司でした。自分のやりやすいやり方で仕事を進めると注意されることが多く、口論になることが多くなりました。そのようなトラブルが続く中で、少しずつ関係性が悪化して、人格の否定をされたりや突然声を荒げたりされることがでてきました。振り返ってみると、パワハラだったと思いますが、働いていたときは、初めて配属された部署だということもあり、パワハラだと認識できていませんでした。加えて、社内では有名なハラスメント上司であったこともわかりました。前の部署では、セクハラで問題になったこともあったようでした。そのような状況でストレスがたまってしまい、精神的に病んでしまって、休職することになってしまいました。

▼転職を決意

数か月間の休職を経て、体調はかなり安定するようになって、復職するべきか、休職するべきかかなり悩みました。最終的には、好きなことを仕事にしたいと思い転職を決意しました。復帰したところで長時間のデスクワークをずっと続けていくことができるとは思えませんでした。やはり自分の好きなことである、人に教えたり、サポートをしたりすることを仕事にしていきたいと思いました。そこで、現在の私にはどんな内容なら教えたりできるのだろうかと考えました。その結果、受験のサポートをする家庭教師や塾講師が合っているのではないかと感じました。家庭教師や塾講師は、正社員での採用が少なく、業務委託や非常勤での仕事が中心となります。年収や業務量が安定しないという点は問題となりますが、実績を積んでいけば仕事量も給与の水準は安定します。加えて、実績さえあれば、働き口はすぐに見つかるので、きちんとした仕事を続けていけば、必ず報われる仕事だと思いました。前職の経理では、直接的な自分の実績を測る基準が明確にないため、評価も曖昧で上司との相性次第という点がありましたが、講師であれば、指導スキルという明確な判断軸あることも魅力でした。

現在は、転職して年収は下がってしまいましたが仕事にはとても満足しています。やはりやりたいことを仕事にしていくことが一番だと感じました。努力を続けていけば、実績につながり将来的な安定につながっていくことになると感じているからです。
加えて、家庭教師や塾講師であれば転勤もないので、相談できる友人が家族が常に近くにいることが支えになると改めて感じました。前職では大手メーカー勤務であったこともあり、勤務先は全国のどこになるかわからず、身近名知り合いが会社の同僚しかいないという状況でした。仕事の人間関係に関する悩みを同僚に相談することは難しく、自分で抱え込んでします傾向がありました。
もちろん、現在の仕事であっても、生徒や保護者への対応で悩むことはもちろんありますが、それ以上に成績上がった時のご家庭の笑顔はとても素晴らしく、本当にやりがいを感じています。直接感謝の言葉をかけていただけるという点が、自分にとってはとてもうれしいですね。

それぞれに仕事に悩みがあると思いますが、やりたい仕事をするのが一番だと思います。
やりたい仕事であれば、多少のストレスあったとしても、何とか頑張れると思います。また、ストレスを感じたときにすぐに相談できる相手を作ることが大事だと思いました。転職を悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ行動してみてください。
自分らしい人生が送れるようになると思いますよ。

関連記事

  1. 建設会社でのストレス「鬱になってしまい、退職を命じられた」

  2. 人間関係でここまでストレスを抱えることになろうとは

  3. ライターのストレス

  4. 土木会社のストレス「自宅待機と言われて退社」

  5. ドラックストアでのストレス「本当に自分は必要とされているのだろう…

  6. ホテル会社でのストレス「部署移動になり退社」

おすすめ記事

  1. 大企業からベンチャー企業へ。転職で得た「楽しさ」と「希望」
  2. 製造業でキャリア20年以上の面接官はあなたのどこを見ているのか?
  3. 経理でのストレス「パワハラ上司によって精神的に病んでしまった」
ページ上部へ戻る