閉じる
  1. 経理でのストレス「パワハラ上司によって精神的に病んでしまった」
  2. 製造業でキャリア20年以上の面接官はあなたのどこを見ているのか?
  3. 大企業からベンチャー企業へ。転職で得た「楽しさ」と「希望」
閉じる
閉じる
  1. 大企業からベンチャー企業へ。転職で得た「楽しさ」と「希望」
  2. 人間関係でここまでストレスを抱えることになろうとは
  3. 新入社員時代お局にいびられ鬱に
  4. 金融・保険業に転職で給与アップ
  5. 激安合宿免許
  6. ライターのストレス
  7. 建設会社でのストレス「鬱になってしまい、退職を命じられた」
  8. ホテル会社でのストレス「部署移動になり退社」
  9. 土木会社のストレス「自宅待機と言われて退社」
  10. ドラックストアでのストレス「本当に自分は必要とされているのだろうか」
閉じる

転職❤ドコイコ

ドラックストアでのストレス「本当に自分は必要とされているのだろうか」

30代前半の男性(T.Iさん)ストレス体験談

【トピックス】
1.暇が辛い
2.本当に自分は必要とされているのだろうか
3.キャリアの長いパートの横暴な態度
4.帰宅時間の遅さ

私が小売業のスーパーマーケットから同じ小売業のドラッグストアに転職した時の仕事での悩みやストレスの話です。

スーパーマーケットで5年間働いており、その中で登録販売者の資格を取得することになりました。

試験の結果、登録販売者の資格を取得することができたのでこの知識を活かしたいと思い、スーパーマーケットからドラッグストアに転職するに至りました。
同じ小売業で販売だったのですんなり仕事に慣れるかと思っていましたがスーパーマーケットとは仕事のやり方が違い、多くの悩みやストレスを抱えることとなりました。

一つ目はやることが少なくかなりの時間を持て余してしまったことです。
勤務時間は8時間から12時間ぐらいで月の残業時間はほぼないと言えます。
しかし、その8時間から12時間の間にやる仕事がかなり少なくほとんどの時間はすることがありませんでした。
そもそも忙しいところではないのでお客さんは数えるほどしか来店せず、購入するものも1点、2点と少ないです。
そのため、品出しをすると言ってもその1点、2点のためにするだけなので5分もかからず終わってしまいます。

しかし、タイムスケジュールには品出しに1時間設けてありました。そのため、たった数個の商品を品出しし、あとは売り場をぐるぐる回りながら商品のメンテナンスをするだけでした。

スーパーマーケットでは常にお客さんが来店し、商品がどんどん購入されるので品出しをしたり商品のメンテナンスをしたりするだけであっという間に時間が過ぎていくのにドラッグストアでは時間がたつのが遅く感じました。

そのうち、「本当に自分は必要とされているのだろうか」と感じるようになり、日々悩みを抱えていました。
また、開店から閉店までの勤務時間の時はほとんどの仕事が遅くても午前中に終わってしまうので午後からは品出しと商品メンテナンスという時間を持て余すようなことが度々ありました。

二つ目は商品知識とお客さんの信頼度が圧倒的に足りないということです。
資格を取りたてで商品知識がないことが多かったです。そのため、実際にお客さんに聞かれても説明ができないときもありました。
特に類似商品の違いや飲み合わせが可能かどうかなどは全く分からずほかの人に聞くしかありませんでした。
また、症状を聞かれても無難な商品しか提案できなかったことに大きな悩みがありました。

また、お客さんの信頼度で言ったら圧倒的に登録販売者より薬剤師になります。そのため、お客さんによっては登録販売者をはなからあてにせず、薬剤師を呼んできてくれという人もいました。類似商品の違いや飲み合わせが可能かどうかは薬剤師に聞けばほぼ答えが出るので薬剤師に頼るしかありませんでした。

薬剤師はより専門性のある勉強をしてきただけに薬剤師には到底、勝つことはできず敗北感と本当に自分は必要なのかと感じることもしばしばありました。
さらに登録販売者は第二類医薬品、第三類医薬品は売ることができますが第一類医薬品は薬剤師でないと売れないことになっています。そのため、薬剤師は第一類医薬品の販売と説明がメインの仕事なので雑用などはやらなくてもよく、勤務時間も自由で非常に働きやすそうでした。その点でも登録販売者の中途半端な立ち位置が必要性を感じられず、そのことがストレスに感じました。

三つ目はキャリアの長いパートの横暴な態度です。長い時間働いており、何年も勤務しているベテランのパートがいました。
長く働いているため、ほとんどのことが分かり、できるためまるで自分がその場所の責任者で何をやってもいいような態度をとっているパートがいました。
地位など関係なしに文句を言い、気に入らないことは指示を無視して自分勝手にしてしまうなど好き勝手にやっていました。態度がでかく、ほとんどのことは任せればできてしまうので誰も意見することはできず、さらに横暴に好き勝手やる始末でした。まるで自分が一番偉く、自分の言うことは絶対と言わんばかりの態度で仕事をしていました。その割にはいざ、責任が降りかかろうとするとパートだからと責任を取ろうとしないところはかなりストレスになりました。

また、年末年始は勤務する人が少ないので出てほしいところ10連休など平気でとるようになっていました。全てが好き勝手、好き放題やっていたのでかなりストレスになりましたが解決策も解決しようとする人もおらず悩みの種となっていました。

四つ目は帰宅時間の遅さです。閉店が11時過ぎでそこから閉店作業に入るのでさらに帰宅時間が遅くなります。
そして、家から仕事場まで2時間ほどかかっていたので帰るのはいつも12時をすぎていました。その間に夕食を食べる時間もなく帰ってから食べるので健康には悪く、寝る時間もさらに遅れるようになっていました。また、その翌日の勤務が開店からになると朝は早く起きなければならず寝る時間はさらに削られていました。だんだんと疲れも取れず、そのストレスで寝付けずさらに眠れないという悪循環にはまっていました。

このような悩みやストレスがたまり、免疫力が落ち体調を崩しやすくなりました。そして、とうとう入院せざる負えない状態となってしまい、結果的に仕事を辞めることになりました。これが私の経験した仕事での悩みやストレスの体験談です。

関連記事

  1. ライターのストレス

  2. 新入社員時代お局にいびられ鬱に

  3. 人間関係でここまでストレスを抱えることになろうとは

  4. ホテル会社でのストレス「部署移動になり退社」

  5. 経理でのストレス「パワハラ上司によって精神的に病んでしまった」

  6. 土木会社のストレス「自宅待機と言われて退社」

おすすめ記事

  1. 大企業からベンチャー企業へ。転職で得た「楽しさ」と「希望」
  2. 製造業でキャリア20年以上の面接官はあなたのどこを見ているのか?
  3. 経理でのストレス「パワハラ上司によって精神的に病んでしまった」
ページ上部へ戻る